血液型の話しがちょっと苦手

血液型の話しが苦手ちょっと苦手。

なぜ多くの人があれで盛り上がれるのか、いつも不思議に思う。

科学的根拠がないからとか、外国ではそんな考え方はないとか、そういった理由で好きになれない訳ではない。

性格診断がイマイチな気がするのである。

試しにA型を例にとってみよう。

恐らく多くの人はこう考えると思う。

 

A型は几帳面

 

これは許せる。

日本人はA型が一番多いらしい。

国民性的に几帳面な人は多そうなので納得はできる。

次にいってみよう。

 

O型は大雑把

 

「O」と「おお」でかけている。

ギャグときたか。

この辺の浅はかさがイケない。

血液型診断の悪いところだ。

更に「おおらか」とか「大物」なども付け足して、無理くり「O」に近づけようとするツワモノもいるので注意が必要になる。

「俺、O型っぽいってよく言われるけど、実はA型なんだ」とか言い出すヤツもいる。

全然意味がわからない。

「実はA型なんだ」を若干誇らしげに言うのが全然わからない。

「秘密を暴露した俺」感が異様にムカつく。

「こう見えて、実は繊細な俺」的なギャップをアピールしている感も実に腹立たしい。

次はB型だ。

 

「B型はマイペース、自由」

 

定まっていない。

試しに何人かにB型の特徴を聞いてみてほしい。

A型の几帳面や、O型の大雑把のような明確な答えを返ってこないだろう。

恐らく一般的なB型へのイメージは、自由な人、気分屋、マイペースとかだと思う。

「あ〜、B型ね〜」

こんな反応を何度か聞いたことがある。

まるで、できちゃった婚に対するリアクションと同じだ。

自分よりも下に見てるとしか思えない。

「B型だと思ったわー」

完全に下に見ている人へ対しての発言だ。

「でも、B型は天才肌らしいよ」といったフォローをいれるヤツもいる。

「でも」がうざい。

やはり完全に下に見ている。

では、AB型はどうだろう。

 

「AB型は二重人格」

 

これがいけない。

全ての原因はここにある。

「AとBがあるから二重人格」

浅はかさが再び登場して、パワーアップもしている。

O型の大雑把の時に一度証明されているが、これが血液診断の悪いところだ。

パリピみたいな奴が決めたとしか思えない稚拙さ。

「O型は大雑把うぇ〜い、あとAB型は2つあるから二重人格フッフゥ〜↑」

こんな姿が想像できる。

誰なんだこいつは。

こんな奴はB型に決まっている。