「バンドをやめようと思っています」

「私は人気のないバンドでギターをやっています。バンド活動を始めて今年で10年目になりますが、一向に売れる気配がありません。

他のバンドに移籍しようかとも考えていますが、他のバンドも似たりよったりだし、人気の出そうなバンドはメンバーを募集していません。このままバンドをやめて普通の社会人になったの方がいいのか悩んでいます。

しかし昔に友人達に「絶対にバンドでメシを食う」とか粋がってしまったので今更諦めるのカッコ悪いし、私のプライドに傷がつく行為は出来れば避けたいです。どうすれば良いでしょうか」

「まずそのバンドはやめた方がいいと思います。10年同じバンドをやって売れなければ、今後売れる可能性はほぼ無いに等しいでしょう。例えば10年間人気のないアナウンサーが、急に11年目から人気が出ることはまずありません。

移籍には少し賛成です。売れないアナウンサーが移籍をして「お天気おねさんの実況”生”プレイ」などの作品を世に出して別の形でブレイクすることはたまにあります。

しかしそれだってビジュアルに優れているか、演技に優れている一部の人だけです。「こいつ、ニュースを読むときよりいい声出すな」と気付かされる事もたまにあります。

やはり一番良い選択はバンド活動を引退する事でしょう。長年やってきたギターを辞めてしまうのは悔しいでしょうし、周りの人からも「アイツやっぱり売れなかったよ」と思われるの癪に触るかもしれません。そうならない為にもバンドから「引退」するのではなくて「卒業」という形式をとりましょう。

「卒」とは便利なフレーズです。まず赤ちゃんの頃に「卒乳」が始まり、次に幼稚園の「卒園」、そして小中高を「卒業」する。アイドルもグループを脱退する時は「卒業」という言葉を使いますよね。

今は禁煙する時も「卒煙」というらしいですし、少し前には「反原発でもなく、脱原発でもなく、卒原発です」と政治家が発言するニュースを読まされこともあります。

なので「卒バン」をすればいいんです。「バンド辞めたの?」と聞かれた場合、「卒バンした」と答えればあなたのメンツとプライドは保たれます。「辞めるのとどう違うの?」と聞かれたら「それは政治家に聞いてくれ」と答えれば大丈夫です。」