一皮むけた男

いつもくだらない事ばかり書いているけれど、今回も勿論くだらない。

「一皮むける」という表現は、誰でも一度は聞いたことがあると思う。

基本的には「成長した」という意味で使われることが多い気がする。

この言葉の語源はなんだろう。

たぶん元ネタは昆虫で、サナギだった幼虫が脱皮して、立派な成虫になった姿を人間に当てはめた言葉だと思う。

なので大変な仕事など経験した後輩に対して先輩が、「お前一皮剥けたな」と褒め言葉として使ったりする。

つまり以前までの後輩は「剥けてなかった状態」ということになる。

つまり、後輩は少し前まで「皮を被っていた」ということになるのだ。

あれ?

元ネタは下ネタなのかな?

その可能性が高い理由の一つに、この言葉を女性に使うことが少ない。

女性バージョンの「一皮剥けた」を考えてみたけど、完全にアウトな表現しか出てこないのでここには書かない。

なので、「一皮剥けた」の語源は昆虫でない可能性もあるので、今後はあまり人に使わない方がいいかもしれない。

特に後輩に対して使うと、今の時代はパワハラになるかもしれないし、「俺、元々剥けてますけど」と返されると少し悔しい気持ちにもなる。

あとこの言葉には続きがある。

例えば職場の後輩が、超苦労する超厳しい仕事を経験した後には、こんな言葉をかける場合もある。

 

「お前、一皮も二皮も剥けたな」

 

すごいことになってる。

「こっからまだ剥けるの?」と改めて自分のモノを確認してしまう。

「まだ剥けるの?」とかイキがってみたけど、まだ「元祖皮」の方が残っている可能性も否めない。

今から二段階は結構ツラい。

後輩が厳しい試練を乗り越えた時にかけてあげる言葉は、別に「皮縛り」にする必要はない。

「成長したな」でもいいと思うし、取引先が超絶うるさいタイプの場合は「我慢強くなったな」とかでもいい。

この流れで聞くと少し卑猥に感じる。

そして後輩からしても、こんな褒めてくれる先輩はたぶん、尊敬もできて、頼り甲斐もあって、器も大きい存在なので、その後輩は周囲にこう漏らすと思う。

 

「俺も先輩くらいデカい男になりたい」