スマホが大スキ

多くの若者が、スマホに支配されて。

支配されていない若者がいたら、教えてほしい。

絶滅寸なので、捕獲して、イリオモテヤマネコぐらい大事に扱いたい。

 

若い人たちがスマホに支配されると、困ることがある。

テスト勉強ができない。

「スマホがなくても、元々テスト勉強なんて出来なくね?」と、思うかもしれない。

その通り。

出来ない。

私が学生の頃はスマホはなかったけど、出来なかった。

でも、考えてほしい。

「元々勉強をしない人」にとってはスマホの有無は関係ないけど、「本来は勉強をする人」からすると大問題。

図書館に行けば分かる。

「図書館で勉強する学生」は、「本来は勉強する人」側に分類していいと思う。

勉強しない側の学生は、「図書館?なにそれ?美味しいの?」ぐらいのスタンスで、建造物と食べ物の区別がつかずに、ごっちゃになっている。

しかし今、図書館にいる「勉強する側」にも異変が起きている。

スマホをいじりまくってる。

「いじるのがスマホなだけ、まだ良くない?俺の学生時代は、自分のあそこばっかイジってたわw」とかいう、若干上から目線なうえに、「学生時代は自由な奴キャラだった俺」みたいな、うっすらとした自慢を挟むのやめてくれ。

この低所得者が。

学生時代から図書館に通う若い方々は、高所得者になれる可能性を秘めた人たち。

そんな有望な人たちが、スマホをいじるのは問題。

図書館に通う彼ら、彼女らには共通点がある。

ノートの横にスマホを置いている。

これはダメだ。

だいだいこうなってしまう。

微笑んでいる。

スマホで調べ物をしている可能性は消滅した。

でも、もし自分の学生時代に、ノートに横に漫画あったらどうだろうか。

もし、エロ本があったら。

エロビデオが流れていたら・・

勉強なんて出来ない。

スマホをこの三つを網羅しているどころか、他の機能も盛り沢山。

すごいな、スマホ。

エロでは敵なし。

もちろん最大の敵は、SNS。

自分が一生懸命勉強をしている最中に、友達がインスタのストーリーで、「海サイコー、ヤッピー」とかいう動画あげていたら、勉強なんて出来る訳がない。

ジョーズにかじってもらいたくなる。

ジョーズの攻撃をじょうずに回避されたら、こちらも応戦するしか道はない。

「勉強中なう。もう、遊びに行きたい(涙)」というコメントと、そのスマホの横にある勉強ノートをインスタにアップして、「我慢して頑張っている自分」を強く漂わせよう。

ノートとは本来、そうやって使う為にある。