透明人間と女風呂

銭湯に行くと、いつもこう思う。

 

「女風呂、覗いてみたいな」

 

これは一つの夢である。

人権活動家のキング牧師も、「私には夢がある」と豪語していた。

私も同じだよ、キング。

アイ ハブ ア ドリーム。

「お前と、キングの夢は全然違う」と思うのは早計。

私と、キング氏の夢には、実は共通がある。

それは「肌の色の違いなんて、関係のない世界」

つまり、突き詰めればこういうことになる。

 

透明人間。

 

透明な人間になったら、やることは一つ。

キングは下半身も、キング。

 

でも、この有名な演説が行われたのは、1963年。

透明人間=風呂の考えは、もう古い。

「時間よ止まれシリーズ」などのお陰で目の肥えた現代人は、もっと高みを目指す意識高い系。

たぶん、このシリーズのVRバージョンも、もうそろ出るはずなので、わざわざ現地に赴く必要はなくなる。

そうなると、現代がもし透明人間になれたら、人は、いやっ、男は、まず始めに何をするのだろう。

真面目に考えると、意外と難しい。

透明なので、どこでもいけそうだけど、たぶん人の体に触れられないはず。

でも透明人間になれたら、普段は家でダラダラしているタイプでも、いつもの30倍くらいはアクティブに活動すると思う。

結果的に、まず最初に行く場所は、ここになる気がする。

 

女風呂。

 

進歩がない。

人類が、猿から人間に進化したというのは、ウソかもしれない。

テクノロジーの進歩で、宇宙にもいけるようになったけど、根本的な成長は皆無。

月に到着した時にアーム・ストロングが、「人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な一歩だ」とか言っていたけど、それも怪しい。

結局、映画「猿の惑星」的なオチの方が、人類にはお似合いなのかもしれない。

でも、その猿みたいな脳みそで、よく考えてほしい。

透明になって、相手の体に触れられないということは、恐らく、自分の体にも触れることは出来ない。

これほどがっかりすることが、かつてあっただろうか。

 

そもそも、現代の銭湯に、私たちの「夢」を叶えてくれるような、フレッシュな方々はいるのだろうか。

透明人間になって初めて、「少子高齢化」の問題を深く考えざる得なくなる。

でも、猿知恵だって、真剣に考えれば道は開ける。

マンションとかに行こう。

港区あたりの、セキュリティーきつめのタワマンとかは、期待度高め。

成金野郎とアイドル崩れが、イチャこいてそう。

大学にある女性寮なんかは、超激戦スポット。

これ以上書くと「週刊SPA!」みたいな問題になるから、終わり。