ラブホと割り勘問題

最近の若い人たちは女性に対して「男が全部奢る」という文化があまりないらしい。

確かに男女平等が進む世の中で、男が全部出すのはある意味で男尊女卑になるし、今はLINEPayなどを使えば割り勘するのも楽だと思う。

男性がケチっているというよりは、女性が奢られることを拒否しているらしい。

そして女性側が奢られたくない一番の理由は「男に借りを作りたくないから」らしい。

つまり一緒にご飯を食べに行って男が奢ると、ワンチャンの口実ができてしまうので事前にそれを阻止するのだ。

でもワンチャンするのが嫌ではない相手の場合でも、最近の女性はあまり奢られたくないらしい。

ものすごーく極論を言ってしまえば「金で買われた感じ」を少しでも排除したい気持ちもあるようだ。

つまりなるべく対等でいたいのである。

対等な関係の対等なファッK。

もちろんベロンベロンも対等だ。

あやまんJAPAN風に言うと「イクときは一緒だよ」である。

となると一つの疑問が残る。

「ホテル代も割り勘なのだろうか」

今までの常識では男が出していたと思う。

しかしさっきの理屈でいくと、ここで男が全部出すとそれこそ「金で買った感」が半端ない。

ほぼ風俗である。

もう「やらせてくれて有り難う」を諭吉が代わりに言っているようなものである。

ではここで男が女性に割り勘を提示したら、女性はどういう反応をするのだろう。

全力で中指が立ててくるに決まっている。

前払い式のホテルなら、相手の体に一度も触れぬまま男は賢者モードに突入することになる。

後払い式の場合では「テメぇのもこんぐらいだったくせによー!」と女性にさっき立てた中指を突きつけられ、愛しのファッKからの憎しみのファッQへと変貌を遂げる。

もちろん男だってこんな自体は避けたいし、中指よりはあると思いたい。

では「金で買った感」は出したくないけど、女性にも嫌われたくない場合はどうすれば良いのだろう。

これは非常に難しい。

もう「満足度」しかないと思う。

自分よりも相手が満足すれば「買った」ことにはならない。

もちろんハードルは高い(低い人もたぶんいる)

しかしこれこそ「買った」から「勝った」への大革命。

中指が起こした奇跡の大革命。