人参をかじってる

年齢のせいなのか、最近だんだんと食欲が低下してきた。

元々食事に興味が薄い性格ではあるけど、「食べたい物」というのがほとんどなくなった。

私はあまりちゃんと仕事をしていないので、家にいることが多く、ご飯は家で食べることが多くなっている。

家にいるときの朝昼晩の食事は大体こんな感じになる。

朝はパンとバナナ、昼は人参、夜はご飯と納豆3パックとインスタント味噌汁。

昼メシのところが野菜単体になっているけど、これは別に書き間違いではない。

お腹の膨れ具合、コスト、手間、栄養など考えたら、結果的に人参を生で食べることになった。

人参をそのまま丸かじりにしている訳ではなくて、六分割くらいの太さにしているし、マヨネーズと塩で味付けもしているので「少し太めの野菜スティック」と考えれば、むしろオシャレメシと捉えることもできる。

しかし、今後もし誰かに「最近って、お昼ご飯何食べてる?」と聞かれたら「人参かじってる」と答えるという恥ずかしい事態になってしまうけど、むしろ早く聞かれたいと思っている。

今後その人たちの間では「うさぎさん」とか「ミッフィー」などの可愛いあだ名が付くと思うので、女性ウケを考えると「しめしめ」である。

雑誌の表紙を参考にして「プレイボーイ」なんてあだ名がついたら、もう一生人参だけ食べて生きてもいい。

小腹が空いたら魚肉ソーセージやキットカットなども食べるのだけど、基本的に調理が入らないものしか最近は食べていない。

人参だけだど飽きるので、キュウリも仲間に入れてあげようか悩んでいるのだけど、一説によるとキュウリは「他の野菜のビタミンCを破壊する」というパワフルな都市伝説もあるので、今は距離を置いている。

あと最近は「人参の皮を剥くか剥かないか」で悩んでいる。

毎回ピーラーで皮を剥くのは面倒なのだけど、皮を剥いた方が食感は良い。

でも皮にはたくさんの栄養があるとも聞くので、なかなか判断がつかず迷っている。

「皮が無い方が口にしやすいよね」と女性が言った場合は程よくエロくなるなぁ、と考えたりするくらい人参についてはもう書くことがない。

「まさか昼飯が人参の生活を送るなんてな。人生って、ほんとっ分かんねーな」と、無理くりカッコつけて終わろうと思う。