何度だって言ってやるさ。俺はTポイントカードは持っていないとね。

 

「Tポイントカードはお持ちでしょうか?」

 

今日本で最も聞く言葉だと思う。

コンビニで働く外国の方が多い今の事情を考えると、日本に来て初めて覚える言葉が「Tポイントカードはお持ちでしょうか?」になる可能性だってある。

店内の呼びかけルールが厳しい店舗の場合だと「いらっしゃいませー」を定期的に言わなくてはいけないので、なんならその時に「Tポイントカードォー」と言い、あたかも「いらっしゃいませー」風に装う可能性すらあリえる。

そんなまだ日本に来たばかりで、言葉に慣れていない外国の方々には申し訳ないけど、ここははっきりと言わせてもらおう。

持っていない。

私はTポイントカードを持っていません。

念の為、英語にしても言っておこう。

I do not have a T-point card (私はTポイントカードを持っていません『Google翻訳』)

正確には家に置いてあると言える。

これも念の為、英語でも言っておこう。

My T-point card is at home(私のTポイントカードは家に置いてあります『Google翻訳』)

リピートアフタミー。

「マイ ティーポイントカード イズ アット ホーム!」

よく出来ました。

しいて言うならば「ホーム」にところは「ホ」と「ム」をはっきり言うのではなくて、「ほぉー」と息を出す感じで発音しましょうね(個人差はあります)

ポイントをうまく使いこなす賢い人からすれば「カードを提示しない」なんて行いは愚の骨頂だと思う。

ただカードを一枚持ち歩いてそれはレジで提示するだけで、年間にしたら数百円から数千円は得できるのだから。

私もなんで自分がそんな簡単でお得な事をやらないのかは常々少し不思議には思っていた。

まず、少なからず見栄はあったと思う。

ホットペッパーみたいなクーポンとかアプリとか使うと食事が安く済ませられるけど、無駄な見栄を貼って「クーポンなんてダセェ」みたいに振る舞う感じと同じ。

そのくせにアマゾンポイントとかヨドバシカメラのポイント残高とかはしっかりチェックしているのだから、この自分の無駄な見栄によって繰り出される損失と非効率具合には本当に腹が立つ。

それ以外の理由だと「単純に出すのが面倒くさい」というのもあるけど、よく考えればそんなに面倒くさい事ではないし、さっき言ったようにちょっとやるだけでトータルにしたらだいぶお得になるのだからやらない理由としては弱い。

そう考えると、一番の理由は「いまさら感」だと思う。

これはいけない兆候だ。

会社の窓際族になってしまっている人達なんかによく見れらる傾向で、「今更ネットの勉強するのもなぁ〜」とか「今更後輩に聞くのもなぁ〜」みたいに無駄な意地と腰の重さから発生する最も陥っていけない状態に自分がなりつつある。

Tポイントカードを提示するのに今更もクソもないはず。

今日からコンビニでTポイントを出したからって、店員さんに「おっ、こいつ今まで意地はって出してなかったのに今日から使い始めてる。マジウケるんですけどw」と思われる訳ではないし、そう思われても別に害はないはず。

ただの言い訳だ。

リピートアフタミー。

That’s an excuse(それは言い訳です『Google翻訳』)