学校でラップバトルした結果

だいぶ今更かもしれないけど、世の中では「ラップバトル」が流行ってるっぽい。

ラップバトルを簡単に説明すると、「韻を踏みながら、アドリブで、相手の悪口を言う」ということだと思う。たぶん。

基本的に若い人たちに好まれている気がする。

年齢層が高い人たちでバトルしちゃうと「てめーは年金を納めてねー、だから老後も不安しかねー、お前の面倒なんか誰も見ねー」みたいな雑な韻を踏んで、ただただ相手に不快な気持ちさせるだけになる気がする。

「はぁ!?てめーは家に帰ってオムツでも履いてろ、喉に詰まらせてメシでも吐いてろ、ぎっくり腰なってハイハイでもしてろ!」とうまく返せたとしても、聞いてる方もツラれば、言われた方はもっとツラい。

たぶん言ってる本人だって結構つらい。

だから若い人たちがやるのだと思う。

以前にYouTubeで学生服を着た少年たちが、ラップバトルをしているのを見たことがある。

若いのにすごい上手だったしカッコよかったけど、おじさんの私からすると「だいぶ危険な匂い」が感じられた。

だって、学校の友達とのラップバトルである。

危険だと思う。

「同級生に悪口を言う」と言う行為だけで十分危険なのに、それをアドリブで韻を踏みながらやったら間違いなく「事故」が起こって、そのあとの学校生活に支障が出ると思う。

例えば・・・

 

 

これくらいなら問題なし。

もしも相手が以前に好きな女子の体操着とかを盗んだことがあると場合は、「おい、犯罪者」のとこでちょっとダメージを喰らうかもしれないけど、まだ大丈夫。

 

 

少し攻めてきた。

思春期の男の子に「顔のレベルがクラス最下位」は刺さる。

イケメンだったり、おもしろキャラを売りにしている男子ならノーダメージだけど、「クラスで仲間はずれにされないように、とりあえずラップやった」くらいの普通男子には深めのダメージ。

 

 

悪くないと思う。

「点差が開いたな」も学生が言うとテスト感も出て好感が持てる。

たぶん、こいつは良い奴。

 

 

いった。

友達の彼女のビッチ宣言。

しれっと「俺ともやってるよ」アピールも挟んでる。

こいつは心の奥がだいぶダークだ。

果たして相手はこれにちゃんと返すことができるのだろうか。

 

 

ほらー。

超ダメージ喰らってるじゃん。

頑張って韻踏もうとしてるけど、「股」に囚われまくってるじゃん。

しかも皆の明日花キララなのに、こいつには「まだだよ」とか言ってる残念な事実も発覚。

 

 

女性器のみをリスペクト。

顔と体をけなしておいて、性器だけあえて褒めるという高度な侮辱。

ディスの内容が友達相手とは全然思えない。

こんな感じなるので、学校でラップバトルをやるのは危険だと思う。

でも友達を見極めるのにはちょうど良いかもね。