にぶい男子は得をする

33歳になった。

34歳になると思ってたら33歳だった。

最近自分の誕生日があったので、念のため「1986年5月生まれ 年齢」で検索をかけたら、今年と同じ年齢で来年を過ごすことが判明した。

得した気持ちになった。

タンスの中に自分でお金を隠して、それをうっかり忘れて1年後に自分で見つけて得した気持ちになるのと近い気持ち。

心なしかお肌もピチピチになった気がしたし、心なしか雨の日に歩く私の足跡が「ピチッ、ピチッ」になった気もした。

「物忘れ」が増えると特する事は意外と多い。

「タンスの中のお金」みたいに本当は得してないのに得した気持ちになれるし、嫌なことがあっても忘れやすい。

更に言えば「物忘れ」は大物感が出るというメリットもある。

「経験人数」を忘れるとちょっと大物感が出るし、「殺めた人の数」を覚えていない殺し屋もだいぶ大物感が出る。

「忘れる物」にインパクトがあればある程「大物感」が出やすい。

ゴミの日を忘れるの小物だし、今さっきご飯を食べたかどうかを忘れるのは論外。

病院に行くのだけは忘れないでほしい。

更に大物感が出したい場合は「鈍感」を付け足すと良いと思う。

「物忘れの多い鈍感な人」は大物なうえに良い人そう。

何よりも「鈍感」というキーワードには恋の匂いがプンプンするのでウキウキしてくる。

これに「男子」も付けると更に恋愛臭がフルティーになる。

 

「鈍感な男子」

 

良い響きだと思う。

痛覚が鈍感だと皮下脂肪の厚さに注目が集まりそうだけど、精神面での鈍感は長所。

女子に言うとこんな風になる。

 

 

「だぞ」が付くと嬉しい。

鈍感がゆえに何かには気づけてないけど、それが幸福なことである予感はする。

「あなたの実父と私はバリバリにヤってるのに、全然気づいてないんだからぁ〜プンプン」みたいな事ではないと思う。

それはそれで決してやぶさかでないシチュエーションだけれど、ここで言う「鈍感」をもっと素敵な表現にすると「にぶい」という事になると思う。

にぶい男子。

これも念の為に女子に言ってもらおう。

 

 

プンプンして更にオコオコもしてる。

でもこれは良い時のプンオコ。

でも「にぶすぎる」のも注意が必要。

イライラに繋がる恐れもある。

「ややにぶい」くらいがベスト。

つまりはこうなる。

 

「にぶめの男子」

 

良い。

「にぶめの男子」にはドラマがある。

そんな設定の映画とかドラマも多い気がするし。

「幼馴染」はほぼにぶめ。