電子決済が進むと困る人

最近は現金を使う機会がだいぶ減ってきてる。

PayPayみたいなスマホ決済か、クレジットカードやスイカを使う場合がほとんど。

一年くらい前には「外国のIT企業の従業員がお財布機能のチップを手のひらに埋め込む実験を始めた」なんてニュースも聞いた。

これが世の中に浸透するかどうか分からないけど、もし試せるなら私は使ってみたい。

便利だし無くしたりすることもなくなる。

でも仮にこのチップ型の決済システムやスマホ決済が主流になると困る人たちもいると思う。

たぶん、お金持ちの人達が困る。

「三度の飯と見栄が好き」というくらい強欲で見栄を張るのが大好なお金持ち。

一昔前なら財布の中にわざと大量の札を忍ばせて、分厚さを見せつけることで己の金持ちっぷりをアピールした。

カードの場合はアメックスのブラックカードがこれと同じ役割を果たしてきた。

でもスマホ決済とかチップとかが主流になってくると、この手のアピが出来なくなって金持ちが困る。

困るのは金持ちだけじゃなくて、金持ちの気分を良くさせて財布の紐をビッチの股くらいガバガバにしたいお店側だって困る。

もちろん、こんな例えに使われたビッチだって困る。

そう考えるとこれからは「音」で差別化を図る必要性があると思う。

今は電子決済した時の支払い完了の音は「ピッ」みたいな音が主流だと思う。

これを金持ちが決済した時にだけ「ズオーーーン!!!」とかに変えれば良いと思う。

大音量で「ズオーーーン!!!」って鳴れば周りにいる人たちは「おっ、金持ちの音」と思って振り向く。

このお陰で成金の承認欲求は存分に満たされて気分上々の針落とせ音ならせパーリナイッ!のミヒマルGTくらいのアゲアゲ状態になるに決まってる。

更に、高い年会費を払った人だけに「フェラーリの排気音」とかのサービスを加えてあげたら結構喜ばれると思う。

高級車を無駄にふかしながら運転してる人は、基本的に自分の車の排気音を周りの人間に聞かせたがってるので、会計をする度に大好きな排気音を周囲の貧困層に聞かせるサービスになら結構お金を使ってくれると思う。

そしてもっと高い年会費を払った人には効果音は更に大音量にしてあげても良いし、音だけじゃなくて店内の照明が超パーティー感溢れ出しても良いと思う。

更にもっともっと上のクラスになると、今度は逆に、静かで地味な「コツッ」みたいな音とかにすれば良いと思う。

分かる人にだけは分かるみたいな音。

こういうのは結構人気あると思う。

そのうえで、このさり気なさに「そっと」気づいてあげれば金持ちはきっと大喜びする。