家を買う時の1番のリスクは元カノ

家を買ってしまうか賃貸にするか。

なかなか難しい問題だとは思います。

買ってしまった方が経済的には楽になると思います。

でも買うと転職はしずらいし、地震のリスクもある。

他には近隣との人間関係がリスクになる場合もあります。

お付き合いが長くなることがほとんどなので、お隣さんがゴミ屋敷になってしまったり、お隣さんがゴミみたいな人間になったら大問題です。

そして、もっと困るタイプのお隣さんもいます。

元カノです。

「家を買ったら隣に元カノが住んでた」なんて状況はかなりデンジャー。

お隣さんが一生元カノという状況は昼ドラばりにプレッシャーがかかります。

「むしろラッキーじゃん」と思うパリピスタイルもいるかもしれませんが、基本的には困ると思います。

まず、その事実を今の奥さんに話すのかが問題です。

内緒にする必要はないかもしれないけど、話したら話したで色々と心配されそう。

元カノが出産なんかしたら、なんとなく居心地が悪くなりそうです。

「お隣さん、子供が生まれたみたいね」と奥さんに言われたら「へー」と返すしかありません。

無関心を装ったふりの超絶関心のある「へー」です。

「へー」と言った後に会話が続かなくてリビングの雰囲気が気まずくなるタイプの「へー」です。

あと逆のパターンも考えられます。

お隣さんが奥さんの元カレだった場合。

これもだいぶデンジャーです。

この状況でも色々と問題はありますが、一番の問題は奥さんが出産した場合です。

己の器が試されます。

自分と瓜二つのお子さんが生まれれば何も問題はありませんが、もし若干でも隣に住んでる奥さんの元カノと似ている部分が見つかったら大変です。

「なんとなく鼻の形が似てる」とか「全速力で走ったあとの息切れの仕方が似てる」など、人類がほぼ共通してるポイントまでもが気になって仕方がありません。

本当は考えたくないのに無理に元カレとの類似点を探し出そうとしてしまうはずです。

「DND鑑定?」と思っても奥さんには言えません。

それでは奥さんを疑っていることになります。

そして2人目が生まれたらまた心配になります。

奥さんとのプレイ回数が少なければ少ないほど心配になります。

「2回だけなのに?」なんて思う状況なったらほぼ確信に疑う事になるでしょう。

でもチャンスは1回でもあれば得点する可能性はあります。

奥さんにチャンスが何回あったのかは分かりませんが。

家は買う時はお隣さんに注意しましょう。