思わせぶりな行為に恋

思わせぶりな態度をとる女性ほど厄介な存在はいません。

「今付き合ってる人いるの?」と聞かれたり、「なんかモテそうだね」なんて言われたりしたら「俺のこと好いとーと?」と博多弁で勘違いしてしまいそうです。

あとボディタッチも厄介です。

男女平等が叫ばれる最近の世の中ですが、女性側にまだ残されるてる特権がボディタッチです。

男がやったら捕まります。

飲み会などの席で、隣の女性に一回ボディタッチされたら「ん?」と思い、二回されたら「もしかして?」と思い、三回されたら「そういうことね」と確信します。

「三度目の正直」ということわざが生まれた背景はこのあたりにあると思ってます。

でもボディタッチも厄介ですが、LINEもかなり厄介です。

例えばこれです。

こんなLINEが突然女性送られてきたら元気が無くても元気になるし、どのくらいの時間を置いてから返信するかも悩みます。

少なくても2時間は寝かせます。

長い長い2時間になるとは思いますが、これは戦いです。

絶対に負けられない戦いです。

では、他にこんなLINEが送られてきたらどうでしょうか。

突然じぶんの雇用形態を聞かれたの多少はびっくりしますが、たぶん婚活をしてるのだと思います。

少しぶしつけではあるけど、一応婚活候補に選ばれてはいるので嬉しくはなります。

嬉しさのあまり、自分が今非正規雇用だとしても、きっとこんな返信をしてしまうのではないでしょうか。

ポジティブです。

将来はどうなるかわかりませんからね。

今買っておけば将来は高値で売りさばける可能性を秘めた、ビットコインみたいな存在であることのアピールでもあります。

でも最初からこんなことを聞かれるのは嫌な人もいるかもしれません。

では、これならどうでしょうか。

これこそが思わせぶりな態度です。

ミス思わせぶり。

思わせプリンセスです。

「悩みがある」ということは、つまり「弱っている」ということと同じ。

弱ってる女性ほどチョロいものはありません。

視力は0、01くらいまで落ちてるし、もちろんメガネもコンタクトもまだ持っていない状態。

それらを買われる前にけりをつけましょう。

レーシックなんてされたら厄介です。

そのビンビンに回復した視力で現実を直視されたら最後。

顔面にツバを吐かれます。

なので、この場合は時間を置かずにすぐ返信。

あとは返信を待つだけです。

やっぱりチョロいですね。

でも、ここで予想外の出来事がおきます。

なんとここからずーーーっと未読になるのです。

相手はスマホを落としたりでもしたのでしょうか?

いえ、たぶんメガネを買ったのでしょう。