圧力をかける子供とパワープレーで潰す親

この前ホームセンターの中にあるペットコーナーに行きました。

子猫や子犬はいつ見ても可愛いです。

そこのペットコーナーには幼い子供を連れた家族もいて、もちろん、子供たちは可愛いペットを見て「欲しー」「うちで飼いたーい」などと駄々をこねてました。

よくある光景です。

「どうせ面倒見るのは私になるからダメ!」と母親が怒鳴り、「絶対ちゃんと面倒みるから!」と子供がすがる。

世界中で繰り広がれている攻防です。

基本的にこの勝負は親が勝ちます。

元々親が動物が好きだけど、たまたま今は家でペットを飼ってないとか、もしくは、顔が橋本環奈ぐらい可愛い幼い女の子が父親に超絶こびを売る、くらいしないと子供たちに軍配があがることはまずありません。

つまりほぼ不可能に近いのですが、この前僕がみた男の子はなかなか頭の切れる子供で、かなり惜しいところまで親を追い込んでました。

その男の子と母親は、こんなやりとりをしてました。

 

 

 

 

「感触がイマイチだな」と男の子は感じたのでしょう。

なので男の子は、別の方向から攻めることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お母さんが殺したことにもなるんだよ」的な圧力です。

これには母親も不意をつかれたようで、少しのあいだ無言になってました。

でも「何か言い返さないといけない」と思ったのでしょう。

しかし我が子の策に見事にはまり、不意を突かれてたことで動揺していた母親は、こんな返しをするのが精一杯だったようです。

 

 

 

 

 

ゴリ押しです。

特に根拠もなく断言しました。

もちろん子供からは「じゃあどうなるの~?」みたいなことを聞かれてましたが、そこは完全にはぐらかします。

「どうなるんだろうねー」「お母さんにもそれは分からないなー」みたいな事を言います。

でも、どうなるかは分からないけども、「絶対に殺されることはない」と念を押して伝えてました。

このパワープレーです。

このパワープレーこそが母親です。