テレワーク不倫

コロナの影響でテレワークを導入している企業が増えているらしい。

体質が古い企業などはなかなかテレワークに移行しないなんてニュースもたまに聞くけど、世界的に有名なIT企業だって以前に在宅勤務を導入して失敗した事例なんかもあるらしい。

あの有名なアメリカのIT企業IBMだって在宅勤務を本格導入する時に、気合を入れて自社ビルまで売っ払ったのに結局はまた社員が会社に出勤するスタイルに戻したなんてニュースも聞いたことがある。

このニュースはテレワーク反対派の会社の上役には朗報だ。

新卒で入ってきたばかりで仕事ができないくせにホリエモンの影響をもろに受けてる意識高い系ネットネイティブ世代ラップバトル系に「なぜ使わないのテレワーク?潰れそうなのはウィーワーク?今商売上がったりなのは夜の街のガール?お前意味分かーる??」韻を踏みながら強めに詰問された時なんかに反論で使えるので覚えていてほしい。

 

 

 

 

テレワークには多くのデメリットがある。

まず自分が下っ端社員の場合は「家の中で上司と電話をしなくてはいけない」ということにつきる。

上司を説得して自分の会社にテレワークを導入しようとしてる若手社員はこのことをよく考えてほしい。

しかもテレビ電話である。

「自分の家」というもっともくつろげる場所で、遠くの場所にいる上司の油ぎった顔を見ながら会話しないといけないなんて最悪すぎる。

画面越しでも飛沫が飛んできそうだ。

 

しかしメリットもある。

まず好きな異性の社員とテレワークをするなんてことがあったらワクワクしてしまう。

そんな時はいつも以上にヘヤースタイル整えるし、カメラ越しに写る自分の背後だけメンタリストDaiGoの部屋を真似し本を沢山並べ、知的な自分をアピールしにいく。

でも喋り方は真似しない。

しかしそう考えると、今後社会が進んでテレワークが沢山導入されてると、恐らくこんなことが増えていく気がする。

 

 

「テレワーク不倫」

 

 

果たしてZoomに美肌機能はあるのだろうか。

もしSnowのみたいに猫耳をつけたりするような機能があったら興奮してすぐに不倫してしまいそうだ。

そして、LINEライブやイチナナLiveように投げ銭機能が付いたらそれこそ大変。

投げ銭をしまくって電話相手の気を引こうとしてしまうに決まってる。

こうなってくると会社の会議というよりはただの遠隔キャバクラだけど、つまり最悪な場合、こんな出来事が多発するかもしれないのだ。

 

 

「テレワーク破産」

 

 

ユーモアある破産だと思う。

「テレワーク」の「ワーク」が仕事だと言う意味をまったく忘れてしまった愚か者の末路。

でも人間の大半は愚かなので、今後テレワークを導入しようかと考えている企業は、このことを踏まえてよく考えてから決めてほしい。