ごめんやっぱ10万詐欺

今回ほど公明党を恨んだことはない。

なぜかというと、さっきLINEニュースを見たらこんなことが書いてあったのだ。

 

「所得制限せずに一律10万円支給へ」

 

これはマジでファック。

「よっしゃ!低所得だから30万もらえる!所得が低いがゆえのメリット!所得の低さが自己肯定につながる時代の夜明けぜよ!!」と武田鉄矢風に連日叫んでたところでの突然のニュースだった。

そしてこのニュースをよく読んでみると、こんなことが書いてあった。

 

「公明党の強い主張をのんだ形」

 

総理大臣に対して強めの物を飲ませるとは大したもんだ公明党。

でもそれはやめて欲しかったぞ公明党。

いくら選挙や宗教の布教活動で養われた弁論術があるといってもこれはよくない。

別に税金の使い方が悪いとか、ほんとに困ってる人達にお金が届く政策にしろと言ってるわけじゃない。

今回、なぜ私がマジでファックだと思っているのかというと、それは「最初に30万あげるよと言っておいてからのゴメンやっぱ10万詐欺」を炸裂したからに他ならない。

 

人を上げるだけ上げてから落とすのはよくない。

 

例えば、友達に誘われて飲みに行った時に、「いまから女友達も呼んでいい?すげーかわいい子だし、なんか話しによるとお前のことが好きらしいよ」と言われて、ワクワクした気持ちでいざその子を呼んで話してみたら、全然予想と違った結果に終わった時くらいのショックだからだ。

 

 

 

 

好意よりも殺意が伝わってくる。

あと全然かわいくない。

でもこれだって、自分のことを好きになってくれないのが悪いわけでもないし、顔面のパーツが優れていない女人が悪いわけでは決してない。

上げるだけ上げた友達が悪いのだ。

つまりこれを政治家に置き換えると、誰になるかというと、そう、あいつだよあいつ。

マスクが小せーあいつだよ。

星野源の相方だよ。